Home > キノコ採りのページ



毎年の行事である飯豊連峰での舞茸採りのシーズンがやってきた。

舞茸を採る時期は9月下旬〜10月第1週がベストなのだが、今年は仕事が忙しかったり、鯉釣り大会に参加したりとなかなか新潟に帰れる機会がなく、ようやく10月第2週の3連休に帰ることが出来た。

舞茸採りは体力的にかなりキツイんだぁ・・・

舞茸はミズナラの根元に出るキノコで、そのミズナラの木も大きな老木しか舞茸は出てこない。人間の手が加わっていない原生林となると、新潟地方でもそんなに多くない。
そんな老木を探して山を歩きまくる。道なんてついていないし、険しいし・・・


私達のホームグラウンドの飯豊連峰は、どの川も険悪で名が知られている川ばかりで、万年雪渓の豪雪地帯のため水量は夏でも多く、その水圧は半端ではない。そして、高さ数十mはあろう暗くて長い両岸の絶壁が人間の行く手を阻むため、おいそれと人は近づけず、飯豊連峰は今でも自然が多く残る。

そんな険しい山に、親父とよしおじさんと私の3人で、舞茸採りに出かけた。




川を渡る

キノコ採りが多く入る山だが、川を渡ってキノコ採りをする人は少ない。

渓流釣りは9月末で禁漁を迎えるので、10月に川に入ってるのは私達ぐらいだろう。

しかし、舞茸のメッカであるこの地では、これくらいの苦労をしないと舞茸が採れないんだ。

キノコは湿気を好む菌なので、川沿いを歩いた方がキノコに出会える確率は高くなる。




イワナの聖地

この川はイワナの魚影が濃く、アベレージも尺近くあり、イワナの天国ような場所だ。

渓流釣りは3月1日から始まり、9月末で禁漁を迎える。

しかし、3月〜5月は雪が深くて近づくことすら出来ず、6月は雪代増水で川を渡ることができない。
ようやく7月になってから渓流釣りが出来るが、7月下旬になるとメジロアブの大群に襲われる。

この川は釣る期間が非常に短いため、釣り人に根こそぎ釣られることがないのも、魚が多くいる要因だろう。

川の透明度も高いので、遠くからでもイワナの姿を見ることが出来るが、今回は1匹もイワナの姿を見ることはなかった。きっと、産卵のために遡上したのだろう。




体の限界

いや〜半端じゃないです。水の冷たさが・・・1分も水の中に浸かっていられないです。

水が冷たいのは事前に分かっていたので、それなりの服装で挑んでも我慢できない。

山遊びの服装は水切れのいい作業服が基本で、ズボンの下には渓流タイツをはき、足元はスパッツで保温性を確保している。

でも・・・ダメだ。

早く水から上がって、山に登りたいよ〜




山登り

何回も川を渡り、胸まで水に浸かりながら、ようやく舞茸を狙う尾根のルートにたどり着く。

ルートといっても道があるわけでもないが、道がなくても通い慣れたホームグラウンドなので迷うことはない。

舞茸狙いはここからが大変!

舞茸の出そうなミズナラの大木を、次から次へと山を登ったり下ったりして、木を見ていかなければならない。




親父が狙うミズナラ

「この木はいかにも舞茸が出そうな木だ!」

去年、親父が目星をつけた木だが、今年もこの木には舞茸は出ていなかった。

舞茸は出る周期があって、1年ごとに出る木もあれば3年ごともあるし、最高5年ごとに舞茸が出る木がある。1年ごとに出る舞茸は株も小さく、数も少ない。しかし、5年ごとに出る木は株も大きく、数も多い。一本の木で100kgの舞茸が出る木があると聞く。

私達の最高は4年ごとに出る木が最高だが、この木で60〜70kgの舞茸が採ることが出来た。

出来た・・・この木は約10年前に寿命が尽きて倒れてしまったので、この木に変わる新たな大木を探すのが私達の使命なんです。




舞茸あったぞ!!

今日は私が絶好調!今回の舞茸採りはミズナラの木を2本見つけたが、2本とも私が見つけた。

それも、2本とも新たに見つけた木。

これで、このルートで舞茸が出るミズナラの木は10本目になるので、毎年このルートを通えば舞茸に出会うことが出来るだろう。




熊の糞

あまり人が行かないところですから、当然、熊がいます。熊の痕跡だらけ。

ブナの木を見ればよじ登った爪あとだらけですし、下を見れば熊の糞だらけです。

熊の糞を見てみると、ブナの実が多くありました。

これだけブナの実があれば、今年は里山に熊が降りてくることは少ないだろう。




最後に・・・

飯豊連峰の稜線。森林限界を超えているので頂上付近は低木しかない。

舞茸はキノコの中でも早く出るキノコ。しかし、今回の山登りでは他のキノコが極端に少なかったのが気がかりだ。

里山のキンモクセイが咲いた頃、キノコ採りの合図を知らせてくれるが、例年に比べると今年はキンモクセイが咲くのが10日ぐらい遅い感じだ。

山で採れるものは全て何らかの花がその旬を教えてくれる。

キンモクセイが今年は10日ぐらい遅いと教えてくれたので、このままだと山遊び最後のナメコ採りは雪が降るかもしれないなぁ・・・




MENU

 Copyright (C) 2012 oinari. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system