Home > サイトマップ  鯉釣りのページ

風船釣法・・・鯉釣り延べ竿編



久しぶりの更新ですが、遊んでいないわけではありません。海に行って釣りをしたり、川で釣りをしたりしていました。
毎年、冬は鶴見川で鯉釣りをしていますが、いつかは延べ竿で鯉を釣ってみたいなぁ〜という思いを実践する時がきました!!

僕の延べ竿で鯉を釣るイメージは、底釣り(オモリベタ)のドボン仕掛け。そして”ウキ”を使って当たりを取ること。この2点は絶対条件。しかし、いざ延べ竿で釣りをやってみるとこれが非常に難しい。

最初は黒鯛釣りで使用する”棒ウキ”を使用するが、川の流れにウキが流されて仕掛けが安定せず失敗。次は大きめの”円錐ウキ”を使用するが、仕掛けを安定させるためオモリを重くするとウキが流されてしまい失敗。

失敗の連続で最後にたどり着いたのがこの”風船釣法”です。

今日は”風船釣法”の鯉釣りを紹介したいと思います。




仕掛け全体

仕掛け全体写真。

竿は現役を引退した鮎竿。中硬の9m。現役の鮎竿は万が一竿が折れた場合、大変な出費になるので怖くて使用できません。竿の真ん中が折れた場合、3万円ぐらいするんじゃないのかなぁ・・・竿1本買えちゃいますよ!




 
仕掛け・・風船部分

道糸はナイロン3号で、針まで直結。

この場所は潮の満ち引きがあるので、水深の変化によってウキ止めの高さは調整するが、今回はオモリから2mのところでウキ止めにした。ウキ止め糸は”極太ウーリー”。

ウキ止めの下に道糸の号数にあった”シモリ”を入れる。

風船を引っかける部分は”シモリペット”を使用した。




仕掛け・・オモリ部分
 
オモリは”ナツメ型”中通しの10号。

オモリは上下にウーリーで編み込んで固定式とした。




エサ

エサは”コーン”

コーンを通し糸で3粒、針に直接刺すのが2粒の合計5粒を食わせエサにした。




竿立て

竿立ては”ピトン”を使用。

ただ、鯉が掛かった時に竿がすっぽ抜けがないように、竿尻には抜け止め防止をした。




撒き餌

撒き餌はコーン2kg+鯉パワー1袋。撒き餌はたっぷり撒くのが僕のスタイルだ。




実釣開始

鮎竿9mを使っているがポイントが手前なので、こういう時は長い竿はちょっと不便。
満潮から干潮に下がり始めたころにビデオをセットして、鯉が当たる瞬間を撮影しました。




鶴見川の鯉
 
風船が超ダイナミックな動きで、リール竿にはないドキドキ感と楽しさがあります。

この風船釣法はちょっとハマリそうな予感がします(笑)




鶴見川の鯉

釣れた鯉の大きさは65cmぐらいかな。メジャーで寸法を測るほどの大きさではないが、腹がパンパンでなかなか重量感のある鯉でした。




ナイターもOK

この”風船釣法”は風船の中に”ケミホタル”を入れると、ナイター釣りもOK。

月が川辺に照らし出すような感じで風船が光っています。




ナイターでも

夜、光っている風船を眺めていると、動画と同じように風船が走りだしました。

やっぱりウキの当たりで魚を釣るのは面白いです。

この日は4回の当たりがあり3匹の鯉を釣ることが出来たが、この”風船釣法”は色々な場面で使える釣り方だと思う。もう少し改良する余地がありそうなので、もうしばらくはこの釣り方を極めようかな。




MENU

 Copyright (C) 2015oinari. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system