Home > 渓流釣りのページ



6月上旬、飯豊(いいで)連峰から流れる地元の川を見ると、だいぶ雪解け水も収まってきた。

まだちょっと水量が多いけど、この水量なら源流に行けるかもしれんなぁ・・・

飯豊の源流部は山道がないので、川通しで行かないと源流部にはたどり着けない。川を横切り、時には大淵を泳ぎ、泳いで突破出来ないところは高巻いて淵を突破する。
人が簡単に入ることが出来ない領域に入れるのが、雪解け増水が終わる6月になってから。


ようやくその時期が来た!!

今年初めての飯豊連峰での渓流釣り。よしおじさんと2人で飯豊のイワナを求めて源流部に行ってみるか。

(前回、この川での渓流釣りのページがありますので、一緒にご覧ください。)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~yajin/page_k8.html





飯豊らしい

飯豊連峰は岩山で構成されていて、水量も豊富なので、崖のスケールがデカいです。

こんな岩壁を見ると「飯豊に来たなぁ〜」と実感する。

まずは人の足跡を探す。入渓地点付近には足跡があったが、しばらくすると足跡が無くなった。

たぶん、その足跡は釣り人だろう。

今日の僕らは泳ぎ覚悟で来ているから、行ける所まで行くぜ!

目標は、通称”三角岩”と言われる場所まで行こう。




仕掛け

今日の仕掛けは1号の通し仕掛けで、針は8号を使用。エサはミミズです。

この川の平均アベレージが27〜28cmぐらいなので、8号ぐらいの針で十分です。




さてさて・・・

まずは、よしおじさんの第一投を見ることにしよう。

瀬から淵に掛けての川筋に仕掛けを流すと・・・・

「おぉ!早々と来たな!!」




平均サイズ

27cmぐらいかな。これがこの川のアベレージサイズ。

でも1発目でこのサイズが釣れたことによって、色々と分かることがある。


まず、このポイントでは僕らが今年初めて攻めたということ。

渓流釣り師なら、必ず流すであろうポイントに一発で来た。もし先行者が入れば、このイワナはその先行者に釣られていただろう。

これは幸先楽しみだ。

さてと・・・僕も釣りの準備をしよう!!




鮎の引き船??

渓流釣りに行くときは、なるべく鮎の引き船を持っていくようにしている。

6月になると気温も高く、釣ったイワナを魚籠(ビク)に入れておくと、たちまち鮮度が悪くなってしまう。

今晩の夕食のおかずは”イワナの塩焼き”なので、釣ったイワナはなるべく生かすようにして、美味しく食べれるようにしている。




ポイント

雪解け水が落ち着いたとはいえ、まだまだ水量は多い。

このポイントも6月になってから釣ることが出来るポイントで、雪解け最中はこの倍の水量がある。


このポイントは流れが大岩にぶつかり、その部分が深くえぐられている。いかにも大きいイワナが潜んでいそうな場所ではあったが、残念ながら釣れたイワナは尺足らずだった。




だんだん細く・・・

先に進むにつれて谷は狭まってきて、いよいよ源流部に突入する。

ここまで来ると泳ぐ覚悟が必要になってくるが、泳ぎが必要な大淵には尺を超える大物が潜んでいる。

泳げば大淵の突破は簡単だけど、泳ぎはせっかくの大物ポイントを捨てるようなもの。

通らずにぶつかったらなるべく高巻きをして、ポイントを荒らさないようにして行こう!!




大淵クリア

細くて長い淵も高巻いてクリアした。泳げば10分ぐらいでクリアできる場所でも、高巻いたらその数倍の時間が掛かる。

良いポイントだったんだけど、大物を釣ることが出来ず、アベレージサイズ3本のみ。

そろそろ、尺サイズが見えてもいいんだが、なかなか顔を出してくれない。




さらに先へ・・・

イワナはエサが少ない源流部に生息しているので、食い気がある時はエサっぽいのはみんな口にする。お腹が大きく膨れたイワナをさばいてみたら、ゴミばかりだったこともあるし、小さいイワナがお腹の中に入っていたこともあった。

イワナ釣りは、イワナが居そうなポイントに2流しして釣れなかったら次のポイントに移動する。食い気があるイワナなら1発で来る。木くず等のゴミを食べるんだから、ミミズなんてみたら堪らないだろう。

でも、ミミズも通用しない場合もある。それはイワナが川虫しか見ていない場合。

雪代がまだ収まっていない時や増水した時はミミズが有効だが、雪代が収まり、川も春から夏になった場合は川虫の方が有効だと思う。




やっと来たか

釣り始めて3時間経つが、まだ尺を超える大物を釣っていない。


「よっし!来た!」

「どうだ!デカいか?」とよしおじさんに聞くが

「抜けるサイズだな」と・・・


僕が釣れた時も、尺以下のイワナは”抜けるサイズ”と表現している。


”抜く”とは引っこ抜くを略した言葉で、イワナを掛けたら空中に飛ばして手前に寄せること。30cm以下はこの技が有効だが、30cmを超えるとなかなか抜くことができない。

竿の硬さや仕掛けの太さによって、抜ける魚のサイズが違うが、僕の仕掛けでは33cmを超えると抜けなくなるなぁ。




本当は・・・

最近、色々な人の渓流釣りホームページを見ると、イワナが水中で泳いでいる写真を掲載している記事を多く見かける。

僕も真似て・・・

一応、チャレンジしてみたけどうまく出来ませんでした。

水中写真は、また今度の渓流釣りでチャレンジしよう!!




最終地点

本日の最終地点である”三角岩”

ここから奥は更に渓が狭まり、危険地帯が多数存在する。

今はまだ水量が多いので、ここから先は今日はやめておこう。

飯豊の渓流をなめてかかると痛い目に合う。


引き船の中も満杯になったし、急いで川を下るぞ〜!!




帰りは泳ぐ

行きは難所を高巻いて突破したけど、帰りは泳ぐ。

楽ちん!楽ちん!と思うのは数秒間だけ。

まだ6月上旬。泳ぐ季節にはまだ早い。おまけにまだ雪解けが完全に終わっていないので、水が冷たいなんてもんじゃない。

「おぉ・・・体が震えがとまらんわ。」




体が固まる

最後の大淵突破は辛かったなぁ。距離が長いし。

泳ぎが終わって、よしおじさんと日なたで体を温める。日陰にいると体が震えてきてねぇ・・・

飯豊連峰の源流部は泳ぎが必需。泳がなければなかなか釣果には恵まれない。


飯豊の渓流釣りはこれからが本番。僕らのシーズン到来。

メジロアブの大群が襲ってくる7月下旬までが勝負だな。




MENU

 Copyright (C) 2013 oinari. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system